浅草雷門

日本の観光スポットとして有名な浅草

近代都市東京の中で、浅草は、現在と過去の日本を体感できる町としての魅力が一杯です。
浅草では日本の伝統芸能を継承している年間行事や仲見世通りなど、いつ訪れても古き良き時代の日本に出会えます。

  • 浅草は、今でも江戸情緒が残る町として人気が高く、沢山の国内外の観光客で賑わっています。
  • 人が集まるところには商売が栄え、商売が発展するところには文化と芸能が生まれます。
  • 人と人が出会う町として栄えてきた浅草は、明治時代から大衆芸能と娯楽を楽しむ町として賑わってきました。
  • 今でも浅草には、小劇場があちらこちらに点在し、突然訪れても、お芝居・寄席・歌謡ショー等を気軽に楽しめます。
”東京都台東区浅草1−13-14”

 

浅草ではおもてなしの文化を感じられます。

浅草の雷門から浅草寺に向井さん動画仲見世、100を超えるお店が土産物や食べ物。飲みものなどのお店が並んでいます

浅草には、高級店から庶民的なお店まで古くから続く歴史あるお店が沢山あります。
例えば、浅草仲見世通りの「飯田屋」では、日本舞踊に使われる扇子や衣装、化粧品などが購入できます。
「コマチヘア」では、かつらやかんざし、浅草特有の髪飾りが揃っています。

何代にも渡りお店が続いている理由は、地元の人にも観光客にも、いつでも、温かい心意気で人を迎え入れてくれる浅草の人の人情と熱意が訪れる人にも伝わるからでしょう。

「おもてなし」という言葉が見直されていますが、浅草の人たちは多くの人と接するうちに、自然と「おもてなし」の精神を受け継ぎ身につけてきたのかもしれません。

  • 年中行事(例えば、節分の豆まき、桜の季節の花まつり、三社祭り、ほおずき市、サンバカーニバル、羽子板市等々)で賑わう浅草は、いつ訪れても「おもてなし」の心で人々を楽しませてくれます。

振袖ガールズ(FURISODEgirls)が、「浅草」と「おもてなし」を融合します。

白塗りのお化粧に日本髪の振袖姿は、京都の「舞妓さん」を連想させますが、浅草では「振袖さん」という名称で親しまれてきました。

 

 

 

振袖さんは、宴席で舞踊や歌謡を披露しながら接客を行い、浅草の町を一層華やかに彩ります。そして、この振袖さんを身近で現代風にアレンジしたのが「振袖ガールズ (FURISODEgirls)」です。

伝統的な花柳界のしきたりにこだわらず、浅草の町のPRと行事やイベントへの参加、宴席で舞踊・歌謡等の芸を披露して、お客様をおもてなしします。

 

振袖ガールズ(FURISODgirlsの活動場所)

  • 料亭での宴席でやパーティー会場で優雅な踊りや歌を披露し宴席を華やかにします。
  • 浅草での行事での写真撮影会や、イベント会場で定期的に公演を行っています。
  • 時には観光案内のお手伝いもしています。

伝統文化を体験できる機会を沢山用意しております。

浅草にこそある、芸と粋とOMOTENASHIの心をFURISODEgirlsを通して実感して頂ければ、これまでとは違った浅草の下町文化をもっと楽しめます。

振袖ガールズ(FURISODEgirls)がいる料亭

  • 浅草 すしや通り「十和田
  • 浅草 すしや通り「鮨初
  • 浅草 「浅草今半」等。

上記に関わらず、接待にも、少人数の食事会にも、さまざまなお店に対応させて頂きます。