振袖ガールズ(FURISODEgirls)とは

伝統的江戸情緒が残る浅草で、日本女性のゆかしさを醸しだす振袖と日本髪の衣装で、宴会・パーティー・食事会・イベントでお座敷や舞台等、その時のシーンに合わせて華やかにおもてなし(OMOTENASHI)をします。

 

 

振袖姿で宴会に彩りを添えるのは舞妓さんや芸者さんを連想しますが、振袖ガールズ(FURISODEgirls)は料亭の宴席だけではなく、イベントでの写真撮影会・パーティーで、歌謡や舞踊・ダンス等を披露します。

さらに海外からの大切なお客様の接待や、内輪の食事会に、日本文化を体験できるお手伝いを致します。

振袖ガールズ(FURISODEgirs)になるには

日舞や歌謡、演劇の経験がない方にも、約3カ月の研修期間で舞踊、着付け、化粧に加えマナーや所作が身につくように指導いたします。

  • SKD(松竹歌劇団)OG(現在STASメンバー)によるプロから振付・踊り・表現力を直接指導します。
  • インターナショナルマナーや会話指導(OMOTENASHI英会話も含む)を元国際線CAが講座を担当します。

振袖ガールズ(FURISODEgirs)のメリット

  • 舞踊やマナーを学ぶ事で立居振舞や所作が美しくなります。
  • 接客や会話の技術を磨き、高いコミュニケーションスキルを身に付けられます。
  • イベントや舞台に立つことによって、自己表現やアピールの仕方が上手になります。

振袖ガールズ(FURISODEgirs)は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて活動を広げていきます。

日本の方々へのOMOTENASHIは勿論、増加する外国からのお客様にも対応できるグローバルな大和撫子を目指したい方、今後海外でも活躍したい方は是非一度、振袖ガールズ(FURISODEgirs)を体験してみてください。

研修及び活動に関わる衣装、舞踊等の訓練費用などは、株式会社浅草FURISODEgirsが、全額負担致します。